原点回帰!元PMが技術力でフルリモートワークを目指すブログ

思わせぶりなタイトルですがただのフリーエンジニアの備忘録です。。

GoogleDomainsで管理しているドメインを他のGoogleユーザーに移管する

事業で管理しているドメインを請求専用のGoogleユーザーに移管したのでその時のメモ。

移管方法について

移管方法としては2通りあります。

Googleに移管からドメインを移管する

こちらは一般的な方法で、他ドメイン事業者で管理しているドメインを移管する時などに使用します。

私は元々Value-domainでドメインを管理していたのですが、全てのドメインをGoogleDomainsに移管しました。
その時の手順もまた後日、記事としてアップさせて頂きます。

ドメインの権限から共有ユーザーを追加し、元の管理ユーザーを削除する

今回はこちらの手順を説明します。

GoogleDomainsではGoogleユーザー同士でドメインの管理を簡単に共有する事が出来ます。

その機能を使って、移管したいドメインの管理ユーザーとして移管先ユーザーを追加し、元ユーザーを該当ドメインの管理ユーザーから削除する事で、簡単にドメインの移管が出来ます。

移管元と移管先のユーザーについては同一ドメインのGSuiteユーザーである必要はありません。
また、GSuiteユーザーとGmailユーザー間でも移管可能です。

移管(共有)手順

1.移管元のユーザーでGoogleDomainsの管理画面にアクセスして、移管したいドメイン名をクリックする。

2.「ドメインの権限」から「権限」ボタンをクリックする。

3.メールアドレスを入力するテキストボックスが表示されるので、移管先のGoogleユーザーのメールアドレスを入力し、「追加」ボタンをクリックする。

4.確認のポップアップが表示されるので問題なければ「追加」ボタンをクリックすると指定したユーザーが追加される

5.追加したユーザーにてGoogleDomainsの管理画面にアクセスすると、移管対象のドメインが追加されているのでドメイン名をクリックする。

6.「ドメインの権限」にユーザー一覧が表示されているので、移管元ユーザーを削除します。

以上で完了です。